蘇州屋店長キャメイの
泣きのリハビリ体験記


  
  
2015年12月中旬
    自宅庭の柿の木剪定中、バランスを崩し、脚立から転落。
    とっさに剪定ばさみを放り投げ、両手で腕立て伏せのように手をつくも、
    右肩から「ゴキッ」といやな音。

    骨折かと思ったが、腫れず、痛みも我慢できる程度。
    腕も回せたので、そのまま放置。

1/6 次男坊とアジ釣り。216匹の大漁♪ 調子に乗ってサビキ釣りで
     シャクリ上げ、ほぼ一日利き腕の右肩を酷使。
     帰宅後、日を追う毎にだんだん腕が上がらなくなる。右肩が痛い
     痛みが増して、着替えもしづらく、痛みで睡眠不足に

2/29 整形外科へ 靭帯が傷んだかも。とりあえずシップで様子見。

3/3 痛みが、背後から突然キリで刺されたかのような激痛に。
    突然動かしたり、ビックリして急激に動かすと激痛。
    右肩から崩れ落ち、毎回2−3分うずくまり、動けなくなる程に。
    長男が冗談で右肩を指で軽くつっついても、痛みで肩から崩れ落ち、動けなくなる。
    (長男いわく、北斗の拳の秘孔を突いたみたいやな。 まさにそんな感じ。)
    原因究明のため、レントゲンより詳細に判る、MRI(核磁気共鳴画像法)を
    受けることに

3/8 MRIを京都まで行って受ける。
    結果、靭帯一部損傷していた。
    この日、整形外科の先生の所へ行き、手術を決断。
    執刀医に紹介状を書いてもらう。名医らしく、超多忙。
    場所は滋賀医科大学医学部付属病院。診察は3/30

3/30 滋賀で肩の手術の80%を執刀している有名な先生の診察。
     診察で各種動作の角度を測定。MRIの結果が入ったCD−ROMも
     診てもらい、靭帯損傷箇所の説明を、絵を描いて説明してくれる。
     提示された方法は二つ。注射か手術。
     手術なんて初めての体験でどうしていいかわからないキャメイ・・・。
     苦し紛れで、「もし先生が同じ立場ならどっちを選びます?」と質問、
     先生は即答で「注射」。それで様子を見て、それでもまだ激痛が改善
     しないなら手術するとの事。私も迷わず「注射」を選択。

    「ステロイド抗炎症剤」だそうで、その場でぶっとい注射を肩に刺して
    もらいました(イタカッタ〜 (T_T) )、
    
    でもその後、激痛は無くなり、軽い鈍痛になりました。
 
4/18 再度ステロイドを注射してもらい、痛みも大幅に緩和。
     夜も熟睡出来るようになりました。 良かった、ヨカッタ。
 
4/20 近所の病院に紹介状を書いてもらい、リハビリ開始。
     リハビリも人生初体験。
     理学療法士(PT)の先生にお世話になることに。
     とりあえず診察と温熱療法15分。

4/25 2回目。(ホトケのN先生)
      
     私のヨメサンは作業療法士(20年超)のベテランですが、
     PTとは畑は若干ちがって、私に言わせれば、水族館と魚屋さんほどの
     違いがある。嫁さんにやってもらうとぎこちなくて痛い。
     でも、PTの先生の施術はスゴイです。腕の力を抜いて、あっちに押して
     こっちを押して、こっちにぐるぐる、アッチへグルグル。ほぼ無痛です。
     施術後、右腕を垂直方向に上げると、頑張って120度・・・ トホホ・・・

4/27 3回目 (H先生)
     丁寧にやってくれるが、若干痛い・・・。
     自分で改善するため何か出来ないかと尋ねると、
     毎日手の前で手のひらを組んで、腕を伸ばして、
     上に伸ばす運動を、朝・昼・晩するように宿題をもらう。
 
     ◆連休中は宿題に真摯に取り組むキャメイ。
 
5/9 4回目(ホトケのN先生)
    先生に会うとすぐに、腕上げの角度を測って欲しいとお願いする。
    計測結果は140度。先生いわく「スゴイ! 劇的に良くなりましたね。」
    
    リハビリ後、再度計測すると、まさかの150度!!!!
    先生も満面の笑顔♪ 自主練、もっと頑張ろっと♪
    (ちなみに、お遊びで、悪くない左側をついでに計測してもらうと、
     ナント、185度♪  先生もびっくりでカルテに書いてました。)
 
5/11 5回目。今日はH先生(女性)。
     いつも笑顔のH先生。でもリハビリは痛い。
     今回もグリグリ・・・。数日痛みが続いた・・・。
 
5/16  6回目。ホトケのN先生
      施術前測定。145度。ついでに無傷の左肩を再測定、185度。
      先生、再度びっくりポン!の様子。(先生ちょっとひょうきんでお茶目)
      施術開始。絶妙なテクニックで、様々な角度から筋肉や筋を伸ばします。
      痛みもあまりない。施術後再測定。155度をたたき出すッ!!
      N先生もニッコリ笑顔♪ 私の年齢(47歳)だと、健常者で、170度や
      160度でも硬い部類に入らないそうだ。
      
      無傷の左肩185度−リハビリ右肩155度=怪我のギャップ・残り30度。
      毎週5度づつ改善しているから、単純計算で30度/5度=6週間。
      まあ、あと2ヶ月ほど頑張ったら、完治するかな?
      カンペキに治るとといいな〜。自主練もがんばろっと!

5/18 7回目 H田先生
      最初に会った先生だけど、施術は初めて。
      我が家の果樹園の話しをしながら、施術が終わる。
 
5/23 8回目 ホトケのN先生
      施術前測定150度。
      腕を各方面に回し、今日はより改善が必要な箇所に着手するとのこと。
      ベッドに仰向けになり、右腕を真横にゆっくりあげると、80度くらいで硬くなる。
      左手のほうは360度スムーズにクルクル回る。
      これを改善すべく、あっちこっちの筋を伸ばしていく。
      施術後、90度に改善。
      先生いわく、「毎回少しづつですが、改善していますね。この調子で頑張りましょう!」
      とのこと。

5/25 9回目 スマイルH先生
     右手が腰のほうに回らないので、そちらを重点に施術。
 
 
5/30 滋賀の肩治療の名医 今●先生
     前回ステロイドを打ってもらい、久々の受診。 
     「どうですか?」と聞かれて、
     「先生のお陰でだいぶ上がるようになりました」と言うと
     「そうですか」と笑顔。
 
     計測すると、前回120度だったのが
     今回は160度までなっていました。
      「良くなりましたね〜」と先生。
 
     リハビリを継続する方向で治療はこれで終わりとなりました。  
     7月末くらいまでかかるそうです。  

 
5/30 ホトケのN先生(リハビリ10回目)
     H先生の申し送りがあったらしく、
     手を後ろに回す施術。
 
     最初、ジーンズの中央のベルト通しの下まで指を持っていくと痛みあり。
     横位置も背骨くらいまででした。
     しかしリハビリが上手い、N先生マジックのあとは、
     ベルト通しの上部まで指でなく、「手首」を上げられるように。
     横位置も反対の腰あたりまで傷み無しで動くように♪
     
     N先生マジック、恐るべし。
     先生いわく「亀井さんは肩やひじの力を抜いてくれるから施術が
     本当にやりやすい。」そうです。
 
6/1 スマイルH先生(女性) 11回目 
    腕の付け根のマッサージなど
 
 

6/6 ホトケのN先生(リハビリ12回目)
     背中に腕を回すのがまだ不自然なのと、
     両手を腰に当てた時も、右肩や、腕の位置が左と違うので
     そこらへんに着眼して施術。
 
     痛くないけど、可動範囲が広がる、N先生マジック。
     今日もありがとうございました。

6/8 スマイルH先生 (リハビリ13回目)
    腕の付け根、肩甲骨周りのマッサージ
    良くなりましたね〜と先生自ら角度測定。
    「おまけで170度」とのこと。それでも嬉しい♪

6/13 ホトケのN先生(リハビリ14回目)
     仰向けに寝て、腕相撲のように腕を曲げて、前後の床に着くように
     動かします。左手は前後どちらでも床に着きますが、
     右腕では着きません・・・。自分でも練習するように宿題をもらいました。
     今日はそのリハビリ。肩甲骨周りをいろんな方法で動かしていきます。
     今日は先生のほうから、角度を測ってみましょうと提案があり、
     万歳ポーズを計測すると、新記録の170度でした♪ ヤッタネ y(^ー^)yピース!

6/15 H田先生 (リハビリ15回目)
     まず、万歳してみてくださいとのこと。
     「最初と比べるととても良くなっていますね」とお褒めの言葉♪
     私からカンタンに今までの経緯を説明。今日も肩甲骨周りを重点に。
     N先生の宿題を続けるように指導されました。
     H田先生も計測してくれて、万歳ポーズ。
     「170度と175度の間くらい」とのこと。
     と言うことは、173度と言うことか!
     毎回新記録をたたき出していますッ! 目指せ180度!!


6/20 ホトケのN先生 (リハビリ16回目)
      とにかく上手。痛くない。
      目をつむって、心の中で「力抜け〜、力抜け〜」と
      唱えている。力を抜くと施術しやすくなり、ガンガン技を出してくれるからだ。
      N先生サイコ〜!

6/22 スマイルH先生 (リハビリ17回目)
     彼女の施術は基本、痛い。
     今日は今までで一番痛かった。
     途中で何度「ギブアップ」と言いそうになった。
     自分で「鬼の●●」と言うだけのことはある。
     

6/27 ホトケのN先生 (リハビリ18回目)
      今日もN先生のスーパーテクニックが光る。
      自分の肘や太ももなども駆使してあらゆる方向から
      可動域を広げるためにあらゆる技術を駆使してくれた。
      しかもあまり痛くない。ふと名札に目をやると【主任】の文字が。
      そうか、リハビリの先生5人くらいいるけど、彼がヘッドなのか。
      道理で上手いはずだ。
      施術前160度、施術後175度!!
      新記録達成♪ ヤッタネ♪  2ヶ月のリハビリで55度改善した♪
     
7月末までには180度に到達するだろう。
      ただ、ここから完全な状態に持っていくのには時間がかかると釘を刺された。
      ソウデスカ・・・。


6/29 スマイルH先生 (リハビリ19回目)
     宣誓ポーズで右手を後方に押すリハビリ。これは時間がかかるそうだ。
     靭帯や筋肉を伸ばす動作や、脇の下の筋肉マッサージなど。
     かなり痛かったけど、だいぶ動くように。
     「亀井さんはやると動くようになるから、今日はだいぶやりました。
     後で痛くなるかもしれません。痛くなったら、アノヤローと思ってください。」
     とのこと。 有難きオコトバ。 トホホ・・・。
     腹筋の時のように、頭の後ろで手を組んで、頭を挟んだり開いたりする
     動作を朝昼晩20回するように言われた。従順に頑張ろう

7/4 ホトケのN先生 (リハビリ20回目)
     私の質問がまずかった!
     先生は一日に何人施術してるんですか?
     なんて、仕事の質問をしたら答えてくれて、
     私の仕事も聞いてきた。(まあ、そうなるわな)
     そしたら、中国のことに興味を示して、中国のオモシロ話ダイジェスト版を
     話したら、そっちに興味津々で施術はほぼカンタンなマッサージ状態。

     アカンがな! 
     と思った時は既に遅し・・・。
     施術時間の20分が経過してしまった・・・。

     N先生マジックを今日は享受できなかった・・・。
     痛恨の極み・・・。 でも角度は測ってくれて、175度だった。


7/6 H田先生 (リハビリ21回目)
     この先生の施術も痛くない。
     カンタンに今までの経緯を説明した。
     「亀井さんはだいぶ良くなっていますね〜」と褒めてくれた。
     この先生もお話好きそう。いろいろ質問してきて、今日はPTAや家庭菜園の話し。
     私は高校のPTA役員だけど、先生は小学校のPTA会長様。イロイロ大変らしい。
     会話は楽しくて、気持ちいいけど、リハビリとしてはどうなんだろう!

     早く回復するためには、先生と話さずに、とにかくリラックスして
     無言で目を閉じているのがいいかも!

     話しをすると、先生がそっちに気が行ってしまう!!
     H田先生も角度を自主的に測ってくれた。175度だった。
     今週はスゴテク施術を受けられず失敗! 先生との付き合い方を変えよう!
     次は楽しいおしゃべりは封印! 早く治りたいオーラを出しまくろっと!
     新しい宿題が出た。右腕を左肩に伸ばし、左腕で、右腕を自分の胸に寄せる動作。
     これを朝昼晩10回を追加でするようにとのこと。これも頑張ろう。 

7/11 ホトケのN先生(リハビリ22回目)
     今日もイロイロテクニックを駆使してリハビリしてくれた。
     右手を宣誓のように軽くL字に上げた形で後ろに90度にならないので
     それの改善のリハビリがメインだった。

     施術しながらN先生が面白いことを行った。
     「亀井さん、私は基本的にリハビリの最中はあまり話をしないじゃないですか、
     その間、私は筋肉とお話をしているんです。
     これ位いけるか? まだアカンわ、キッツイわ、って感じでね」

     はは〜、ホトケのN先生レベルになると、患者の筋肉と会話するのかと
     感動した。
     やはり、その道を極めた人は言うことが違う・・・。
     柔らかな物腰と、さわやかな笑顔のN先生であった。
     施術後、右腕宣誓L字型の後ろ倒しの角度は65度だった。
     90度になるよう自主練がんばろう


7/13 スマイルH先生。(リハビリ23回目)
     この病院は先生間の引継ぎがしっかりしているようで、
     今日も引き続き、右腕宣誓L字型の後ろ倒しが出来るように施術してくれた。
     施術を受けながら、つりの話になり、「どこに釣りに行くんですか」と聞かれ
     ●の●●のマゴチを釣りに行くというと、マゴチをご存じないようだったので、
     (まあ、普通の人はまず知らないオサカナでしょうな。マゴチ写真)

     料亭とかに卸されて、一般の魚屋さんでもあまり見ない高級魚といった
     説明をして、先生も釣りに行くそうで、だんなさんと琵琶湖でブラックバスを
     夫婦仲良く釣ってるそうです。最後に測定もしてくれた。
     前回同様、右腕宣誓L字型の後ろ倒しの角度は65度だった。


7/20 スマイルH先生(リハビリ24回目)
     前回の話を覚えていて、「マゴチどうでした??」と聞いてきた。
     釣り人10人で狙っていたが、皆さん玉砕。(私もコミコミ)
     施術後、宿題をくれた。
     仰向けになり、頭の後ろで手を組んで、両手の肱を床につける動作を
     するようにとのこと。今までの、その状態で頭を腕で挟む練習と
     右腕を左肩のほうに回し、左腕で十字に抑える動作も合わせて、 
     全部で三つの宿題を頂いた。
     H先生の宿題は的確で確かに効果がある。
     地道に頑張るべし!! 頑張れキャメイ!
     リハビリ後、軽い診察もあった。「リハビリ継続と言う事で」とのことだった。

7/25 ホトケのN先生(リハビリ25回目)   
      相変わらず心地良い施術。
      あっという間に終わってしまった。


7/27 スマイルH先生(リハビリ26回目)
      施術前に現状チェック。
      開口一番、笑顔で「だいぶ良くなってますね〜、
      体が硬い私よりも腕、上がってますね〜」
      とのオコトバ♪

      施術後、計測もしてくれた。
      右腕宣誓L字型の後ろ倒しの角度は80度だった。
      前回よりも15度も改善していた。ヤッタネ♪
      
      そして、ちょっと衝撃的なお話しも。
      「リハビリってダラダラといつまでもは出来ないんですよね〜。
      怪我後か手術後150日間なんですよね〜。
      亀井さんの場合だと9月の頭までですね。」

      私「え”え”〜、そうなんですか〜」
       
      がんばって治さねばッ!!!


8/1 ホトケのN先生(リハビリ27回目)
    今日は次の予約の患者さんがまだお見えでないとのことで
    いつも20分のところを30分以上施術してもらえた。
    しかーし、リハビリを長時間受けると、それだけ身体へのダメージが
    大きいわけで、後日右肩周辺がかなり痛かった。

    「右腕宣誓L字型の後ろ倒し」の角度がイマイチなので
    そこを中心に施術してもらったが、ここからの改善には
    「時間がかかる」そうだ。 リハビリもあと45日で終了。

    自主練、がんばらなくては



8/3 スマイルH先生 (リハビリ28回目)
    イロイロなポーズをとるように言われ、それをすると
    「だいぶいいですね〜」とお褒めのコトバ♪
    今日は施術前に知人の親子がカブトムシを私から受け取るために
    来院し、先生から「あの方は奥さんですか?」と言われ、
    いきさつを説明したら、カブトムシの話になった。
    先生の旦那さんは31歳だけど、夜な夜なカブトムシやクワガタを
    追いかけているそうだ。子供いないのに。
    「少年の心を持った」オトナ。私と同類ですな♪

    先生の旦那さんはやぶを掻き分け、虫取りをするそうだ。
    私は道沿いのお気楽虫取りだけどね。


8/8 ホトケのN先生(リハビリ29回目)
     待ちに待った、マジックハンドN先生の施術の日。
     クロネコヤマトによって出荷してたら、まさかの遅刻15分。
     「電話してください。」とのオコトバ。 反省・・・。
     施術後、平泳ぎのように、横で腕を上げ下げすると、
     「だいぶスムーズに動くようになりましたね〜」とお褒めのコトバ♪  
     長かったリハビリも残すところ1ヶ月。
     これからの改善具合は、オレの自主練にかかってるな。

8/17 スマイルH先生 (リハビリ30回目)
     今日も元気なH先生。
     お盆休みで充電して、さらに元気そう・・・。
     私の状態をあれこれチェックして、「いいですね〜、良くなってますね〜」
     とお褒めのコトバ。

     地獄はここから始まった。
     さらに良くしようと、仰向け・宣誓ポーズで、手のひらを床に着くまで
     抑えようとなさるが、わが右肩はちょっと無理な様子。
     先生の抑える力は弱いかも知れないが、私の肩に走る痛みは徐々にマックスに・・・
     
     あと3秒で「先生、ギブアップですッ! ストップ〜〜!」と叫ぶ手前で止まった。

     施術後、また宿題をもらった。H先生の宿題は真面目にやると効果がある。
     宿題に地道に取り組みがんばろう!

     帰宅後、右肩が痛かった (T_T)


8/22 ホトケのN先生(リハビリ31回目)
     凄腕N先生の日。
     今日は先生にお願いして測定してもらった。
     施術前で、バンザイすると、175度。
     「フツーでもなかなかここまで上がりませんよ。」と笑顔の先生。
     うーん、左肩は185度だから、せめて180度くらいはいきたい。
     
     今日は先生がいつになく、熱心に施術して下さった。
     いつもはソフトだけど、今日は結構イタイ・・・。

     でも、N先生は何とかリハビリ期間中(9/15がデッドライン)に
     完璧に治したいのだろう。なんてたって、施術中は筋肉と対話する
     リハビリのプロなのだ!

     私の右肩の付け根に、自分のヒジを当てがい、グリグリとする。
     そうすることで、ピンと張り詰めた筋肉を伸ばして、腕の動きを円滑に
     するのがねらいのようだ。

     N先生は自分の身体を利用して、いろんな技で、リハビリを行う。
     この先生、本当に引き出しが多い。スゴイの一言に尽きる。プロだね。

     でも受けるほうは、ハッキリ言って、痛かった。
     すごく痛いが、ここで我慢しないと、先生が施術をやめるか、手加減をしてしまう。
     ここはオレも男だ、平静を装って、必死に耐える・・・。

     施術後、先生が一言。
     
     「今日は亀井さんだから、結構エグイ事をしました。」 とのこと。 

     はい、結構な痛みでございました。

     院長先生も言っていたけど「泣きのリハビリ」とはまさにこのことだろう。
     リハビリは硬くなった筋肉をほぐして、修復するのだろうから、どうしても痛みが
     伴うものなのだろう。 この半年で、実体験を通して、よ〜く学びました。
     
     施術後、少し肩の回転が良くなったように感じた。良かった、良かった。


8/25 スマイルH先生 (リハビリ32回目)
     リハビリもラストスパート。
     先生もあと少ししか日数がないので、治したいところを聞いてくる。
     
     日常生活は問題ない。
     痛みもほぼない。

     ただ、宣誓ポーズの時は、完璧に上げられない。
     少し手のひらが前かがみになってしまう。

     今日はそこを重点的に施術開始。

     仰向けになったり、うつぶせになったりして、右肩のリハビリ。
     施術後、また測定してもらった。

     手を小学校一年生が先生の質問にハリキッテ答えるように、
     オレも張り切ってあげると、先生が満面の笑顔で、

     「亀井さん、スゴイですね〜。190度ッ!」

     そんなアホな。
     
     すると先生が、「190度だけど、胸を反ってるから、正確に測ると・・・、
      175度ですね。

     あらま、やっぱり175度ですか・・・。コレが限界かな〜。
     いや、そんなことはないッ!! 自主練でがんばって治すのだ!

     ≫ と言う事で、H先生から下のような動作の宿題を先週からもらっていて
       それを毎日朝・昼・晩、10秒を10回ずつやっている。
       また鉄棒にぶら下がったりもしている。
       良くなれ〜、オレの右肩!!
  
8/29 ホトケのN先生(リハビリ33回目)
      台風接近中。今日は車をヨメサンが使っているので
      私は電車で雨の中リハビリに。

      今日は早めについたので、まず最初にホットパックで肩を温めます。

      そして、N先生の施術。
      まずバンザイを。そして測定。175度。変化無しですね。
      宣誓ポーズL字型・後方倒しも65度。こっちも変化なし。
      

      そして今日も、テクニックの引き出し開けまくりで、施術。
      ヒジを使ったり、揉んだり、のばしたり、いろんなクッションや、
      高さを調整する、固めのクッションも使いまくりです。

      だんだん高度なテクなのか、痛みも増して行きます。
      筋肉をゴリゴリと押して、伸ばします。
      そして、伸ばして、一番痛い位置でそのままキープ。

      痛いですが、治すためと言い聞かせ、力を抜いて、息を吐いて
      耐える、耐える、ガマンの子。

      施術後は、各種クッションが3つほど。

      そして、またまた右肩のバンザイ測定。
      心なしか、最初の測定より、上がっている気がする♪

      そして、先生の結果発表!!!!

      ナント、180度!
      
      思わず、YESッ!と叫んじゃいました♪

      先生も満面の笑みで、

     「フツーはここまでしないんですけど、
      亀井さんは忍耐強いというか、我慢強くて、
      何も言わないで頑張ってくれるので・・・。」 
とのこと。

      いやー、我慢してよかった。
      もし声を上げたり、痛そうにしたら、オレが先生ならゼッタイそれ以上強くしない。
      手心を加えてしまう。それを回避したかった。
      あくまでポーカーフェイスで、先生に存分に施術してもらいたかったからだ。

      それにしても、180度に行くなんて。良かった、良かった。
      長かったリハビリも、あと5回くらいで終わりだろうな〜。
      宿題頑張ってやって、完璧に治すぞっ!!

 8/31 スマイルH先生 (リハビリ34回目)
      今日も元気なH先生、
    
      「180度行ったそうですね、バンザイしてみて下さい。」とのこと。

      バンザイすると、「いいですね〜。ものすごく良くなってますね〜」
     
      私 「先生のお陰です。先生の宿題が良かったです♪」

      先生 「いえいえ、亀井さんが頑張ったからですよ。」

      私 「いやいや、自分の身体ですから・・・。」
 
      先生 「そうですけど、ここまで良くなる人、なかなか少ないんですよ。」

      私 「ええッ、そうなんですか〜??」

      リハビリ、人生初体験で、ナントカ回復したくて自分なりに毎日努力してきたが
      自分の身体でも、真摯に取り組む人は少ないらしい。

      リハビリ開始。
      橋本先生の細指が私の右肩の筋肉に食い込み、私は叫び声を上げる
      二歩手前位までの痛みが続く・・・。

      今日もポーカーフェイスでガマンの子。

      宣誓ポーズL字型後ろ倒しも、あと、「指一本分」の隙間レベルまで行った。

      今までの宿題をリセットして、後ろ頭で腕を組んで開閉し、右ひじを床に着くように
      する宿題が出た。朝・昼・晩10−20回。
      
      頑張ろう!

9/5 ホトケのN先生(リハビリ35回目)
      施術前のバンザイ計測は180度。

      施術が始まり、今日は子供の将来の仕事の参考に、
      先生がどうしてこの道を選んだかを教えてもらった。

      大学卒業後、エンジニアになるも、あまりの過酷さに転職を決意。
      当時のガールフレンドから、各種資格の本をもらい、理学療法士になることを決意。
      26歳で学びなおして、3年後、この仕事をはじめ、一年してから
      その彼女と結婚したとのこと。

      まさに努力の人だ。

      そんな話しをしながら、施術終了。再計測すると、ナント、
      185度達成♪

      左右の肩が、同じ角度まで回復した。
      地道に宿題をこなした甲斐があった。

      わが子も中学生と高校生で、将来の仕事が気になるので、いろんな仕事を
      見せておこうと思い、先生に見学をお願いしたところ、快諾してもらえた。


9/7  スマイルH先生 (リハビリ36回目)
      バンザイをして、様子を見てもらう。
      「いいですね〜。私よりいいですね〜」と満面の笑みでお褒めのコトバ。
      施術後、来週でリハビリも終わりと告げられる。
      最終診察もあるらしい。


9/12 ホトケのN先生(リハビリ37回目)
     先週快諾してもらえたので、次男坊を連れて病院へ。
     先生はリハビリの資料までわざわざ用意してくれていた。

     そして、リハビリの資格の取り方、リハビリの勉強内容、リハビリの実施手順、
     リハビリの責任と喜びなどを、わかりやすく施術しながら解説。
     
     施術前180度だったのが、解説しながらも、施術後は185度に♪
     やっぱり、中村先生はスゴイ! 今日も中村マジック炸裂だった。
    
     先生、本当にお世話になりました。
     お陰で右肩はとても良くなりました。
     (怪我した当初、右肩バンザイが110度。現在、左肩と同じ185度♪)
     
     心より感謝しています。 m(_ _)m

     次男坊にも、もしこの道を進むことを真剣に考えているなら、
     いつでも自分を訪ねてくるようにと言って下さった。

     N先生、本当にありがとうございました。


9/14 スマイルH先生(リハビリ38回目)
     今日もいつものようにバンザイから。
     先生、満面の笑みで、「いいですね〜」。

     どこか不具合箇所がないかを尋ねてから、施術開始。

     施術しながら、今日は私の魚釣りのこと、先生の東京旅行のことなど
     おしゃべり。

     あっという間に時間が経ちます。

     施術後、各種動作で最終確認。

     先生いわく、「いいですね〜、私よりいいですね〜」とのこと。
     (先生は体が硬いのだそうだ。)

     そして、最後の宿題をもらった。
     三つほどのストレッチ動作を、今年中は自分でやり続けること。
     放っておいて、何もしないと、また硬くなってしまうそうだ。

     自主トレ、引き続きやっていこう。

     H先生、ありがとうございました。
     先生の宿題、真面目にやったら、本当に良くなりました。
     ありがとうございます。

     と言う事で、4/20から始まった、私のリハビリもコレにて終了となった。

     リハビリ、祝 卒業♪ 
 
\(^_^)/ \(^_^)/ \(^_^)/

    よ〜し、釣りにスポーツに、ガンガン行くぜッ!!

     
ホーム(蘇州専門の中国雑貨ショップ 蘇州屋TOPページ)

店長の部屋 会社概要  特定商取引法の表示  個人情報の取り扱い
ご注文の流れ  お支払い  送料と配達日数  卸販売 
 
 蘇州専門の中国雑貨ショップ
蘇州屋のトップページにもどる



蘇州専門の中国雑貨ショップ
蘇 州 屋




http://www.soshuya.com

〒520−0502 滋賀県大津市南小松618−9
TEL : (077)596−0286
FAX : (077)596−2655
メール : 蘇州屋のメールはこちらに記載しています。
代表 : 亀井 紀充