馬見岡綿向神社(うまみおかわたむきじんじゃ)
 

〜祭儀・行事予定〜
8月    9月 
1日(月) 早 旦 月首祭
16日(火) 早 旦 月次祭

 
 
1日(木) 早 旦 月首祭
16日(金) 早 旦 月次祭
19日(祝) 午後1時半 秋季社日祭 末社・社日社
氏子総代参列


〜新 着 情 報〜     〜ピックアップ〜

●恒例の「夏越の大祓」を斎行しました
 6月30日午後8時より、恒例の夏越の大祓(なごしのおおはらえ)を斎行しました。
 我々が日常生活の中で知らず知らずのうちに犯してきた罪や穢れを半年に一度祓い清める厳重なお祓いの儀式で、平安時代から一千年以上もの間変わる事無く、宮中を始め全国の神社で行われています。特に6月の大祓は…
続きを読む
(令和4年7月1日)


●令和4年の春季例大祭「日野祭」を斎行しました
 本年の日野渓の春の大祭り「日野祭」は、2日の宵祭り 3日の本祭り 4日の後宴祭ともに晴天に恵まれ、滞りなく終了しました。
 年明けから幾度も氏子総代会や渡御関係字や諸団体と会合を持ち斎行方法について議論してきましたが、やはり新型コロナの終息が見通せないことから、3年連続で大神様が神社からお出ましにならない「居祭
(いまつり)」となりました。…
続きを読む
(令和4年5月6日)


●令和4年の春季例大祭「日野祭」斎行について
 本年の春季例大祭「日野祭」の斎行方法について、氏子総代会をはじめ神稚児・神輿等の各現場責任者と協議を重ねた結果、本年も昨年に続き渡御を取りやめることと決定しました。上野田からの神稚児の渡御、綿向神社からの神輿・神幣等の渡御は行わない「居祭(いまつり)」となります。…
続きを読む
(令和4年4月3日)
(4月18日追記)
(4月22日追記)


●令和4年の嶽祭りを斎行しました
 4月20日に綿向山頂(標高1,110m)に祀る大嵩神社(おおだけじんじゃ)において恒例の嶽祭(だけまつり)を斎行し、宮司以下氏子崇敬者約55名が登拝しました。
 当日は昨年に続いて好天に恵まれ、新緑の中を清々しい登山となりました。里では田植えの準備が進む中、山からもたらされる水や自然の恩恵に感謝し、更なる恵みを戴けるよう祈念しました。
記事を読む
(令和4年4月21日)


●令和4年の祈年祭を斎行しました
 2月21日に祈年祭(きねんさい)を斎行しました。
 祈年祭は「としごいのまつり」とも称し、毎年2月17日の前後に宮中を始め全国の神社で行われる新春の大祭です。祈年祭の「年」は「稔」と意味を同じくし、一年に一度の米を始めとする農作物の稔りのこと。立春が過ぎて暦の中でも新たな年を迎えてまず始めに、一年間の農業や産業の成就を祈ります。…
続きを読む
(令和4年2月22日)


●新年の諸行事を恙なくお仕えしました
記事を読む
(令和4年1月16日)


●新嘗祭(新穀感謝祭)を斎行しました
記事を読む
(令和3年11月29日)


以前の記事をもっと読む

 
 
●七五三まいりのご案内
↓詳しくは特集ページをご覧下さい

↑詳しくは特集ページをご覧下さい


本年も七五三まいりのご予約を受付ています。
待合室や拝殿での密集を避けるため、一回につき概ね2家族様程度の完全予約制となります。
特集ページ中の「予約状況カレンダー」を参考にご希望の日と時間をご予約ください。



●各種ご祈祷予約を受け付けています
 当社では、各種ご祈祷や出張祭典を受け付けています。予約制となっておりますので、お電話にてお申し込み下さい。
初宮詣・安産祈願・車のお祓い・厄除け…など
地鎮祭・建物等のお祓い・伐木のお祓い…など

※「三密」回避のために
@手水のひしゃく・鈴の緒など、他人の共用するものの使用を一時中止しています。
A風通しの良い拝殿でご祈祷を執り行います。
B多人数が密集することのないよう、ご祈祷は一回につき1〜2組としています。