JMITU京滋地本・ホームページ
2003年7月1日開設 
一人でも入れる労働組合・ユニオン
ようこそJMITU京滋地本へ
力をあわせて職場・会社・社会をよくしましょう
 
京都市中京区壬生仙念町30-2 ラボール京都 6階
JMITU(日本金属製造情報通信労働組合)京滋地方本部
地図はこちら
 
2020年4月度 京滋地本の活動
 
4月3日(金)はれ
困難なときこそ要求を大切に声上げ行動を!
−コロナ、自粛と補償をセットに、消費税減税で経済再生を−

 桜が満開になりましたが、家族や友人などで楽しい花見が今年は自粛ムードで散りゆく桜が恨めしくなる今年の春、4月、卯月です。
 コロナ問題で、春闘も厳しい状況となっていますが、消費税増税が家計を圧迫し、生活を守るために、要求をにぎって離さず、粘り強く闘っています。
 コロナによって全世界で生産が停滞し、世界恐慌の状態になりつつあります。今こそ、命をまもることを最優先し、人智を総結集して未知なるウイルスの克服と経済停滞の突破を図ることが求められています。
 私達は、専門家ではないので、ウイルスの対策に直接的に関与することは出来ませんが、生活者として、それぞれの立場で感染の拡大をさせない行動を智恵を出して対策することは出来ます。
 その為には、日々の生活が普通に出来ることが必要で、感染拡大を起こさない行動に伴う家計出費の増大や家計収入減少を保障する事が政府に求められます。
 その為に、最も効果的な施策が、消費税の減税です。政府が検討している、現金支給と一緒に消費税減税も実施されれば、国民は安心して感染拡大防止に取り組み、そこから生まれる様々な情報がウイルス対策にも活かせることに繋がります。消費税減税は、与党内からも実施を求める声が上がっています。
 こんなときだからこそ、我慢するのではなく、要求を掲げて積極的に発言、行動することが必要です。もし、働く上での困ったことがあれば、労働組合や、労働相談センターに相談して下さい。
 
 高瀬川正面児童公園の桜