甲南町商工会「忍者の里-甲南」美・ILLUSION
商工会のお知らせ 商工会のご紹介 商工会会員のご紹介 甲南町のご紹介 トップページ
忍者の里 名所・旧跡 イベント 宿泊施設 宿泊施設 アクセスマップ
忍者の里多くの文化と伝統が語り継がれるまち、甲南町を紹介します。
甲賀流忍術屋敷
しのびの足音は甲賀武士の夢の跡。
伊賀とならぶ忍術の本拠を訪ねて、甲賀流忍者の知恵を拝見。

ここは甲賀流忍術屋敷。甲賀五十三家のひとつ、望月本家が居住したといわれるところ。一歩踏み込めば、そこはもう忍者の世界。縄梯子・通路落とし穴・忍び梯子・回転戸・地下道・・・。あちこちに仕掛けられたカラクリに思わずビックリ、興味しんしん。抜き足、差し足、忍び足・・・。今ひととき、神秘の世界へ。
その昔、荘園の地であった甲南町では、公家にかわって武士の台頭が始まるようになると、自ら武装して土地を守る土豪が生まれた。中世に入るとそれが甲賀武士集団を形成、やがて甲賀流忍者へとなっていく。また、この地では古くから製薬がさかんであり、甲賀忍者は何にでも効くという謎の薬“万病感応丸”や渇き止めの“水渇丸”など、数々の秘伝の常備薬を携帯していた。

一瞬にしてパッと身を隠すことができるドンデン返しと落穴。
忍術の中に察気の術というのがある。例えば夜就寝中であっても外敵の侵入を事前に知る方法であって、敵が侵入するまでに自分達は敵には絶対発見されないよう逃避するからくりの一つである。地下へ降りたり、又カクシ梯子で二階に上り、梯子は敵に利用できないようすぐ引き上げて隠す。
襖を開けると三枚の床板は敵を奈落の底に転落させる仕組みであり、廻転戸は惑わす仕掛けである。ここから二階へ飛び上がることもできる。
 
縄梯子で三階に通ずる仕組みであり、直接三階から地上に降りることができる。
中二階の一部。ここからは三階にも通ずることができる。敵にはこれができないようになっている。又、正面の板戸を引き開け一階に通ずる。このとき正面の刀掛けには数本の刀が用意されている。
中二階の一部である。中二階には極端に天井が低く作られている。もちろん、武器は使用できないし組打ちする時も敵を不利にする目的でもある。

滋賀県甲賀市甲南町竜法師2331
TEL 0748-86-2179 FAX 0748-86-7505

JR草津線甲南駅下車2キロ
国道1号線水口より南へ6キロ
名神栗東インターより約35分
名神八日市インターより約35分
西名阪柘植インターより約20分

ページトップに戻る
Copyright 2001 Konan Town Society of Commerce and Industry.All rights reserved.