ながはまアメニティ会議規約
 (名称)
第1条 この会は、ながはまアメニティ会議(以下「アメニティ会議」という)という。

(事務所)
第2条 アメニティ会議は、事務所を長浜市内に置く。

 (目的)
第3条 アメニティ会議は、市民、各種団体及び事業者の総意と英知により、市民の手に
 よるアメニティながはまをつくり上げ、健康で文化的な市民生活の実現に資することを
 目的とする。

 (事業)
第4条 アメニティ会議は、前条の目的を達成するため、次の各号に掲げる事業を行う。
 (1) 市民の手によるアメニティづくり活動の推進
 (2) 各種活動団体の交流の推進
 (3) 活動、交流拠点の確保
 (4) アメニティづくりに資する情報の収集と発信
 (5) アメニティづくりの普及啓発
 (6) アメニティ銀行の設立運営
 (7) その他前条の目的の達成に必要な事項

(会員)
第5条 アメニティ会議は、次の各号に掲げる会員をもって組織する。
 (1) 一般会員 アメニティ会議の目的に賛同して入会した個人又は法人
 (2) 特別会員 アメニティ会議に功労のあった者又は学識経験者で、それぞれ総会に
  おいて承認された者並びにアメニティ会議の目的に賛同し入会する法人格を持たない
  団体等。

(入会)
第6条 一般会員になろうとする者又は特別会員になろうとする法人格を持たない団体等は、
  入会申込書を会長に提出するものとする。

 (会費)
第7条 一般会員は、毎年次の会費を納めるものとする。
 (1) 個人である一般会員       1,000円
 (2) 法人である一般会員      10,000円

 (役員)
第8条 アメニティ会議に、次の役員を置く。
 (1) 会長    1人
 (2) 副会長   1人
 (3) 理事 若干人
 (4) 監事    2人

 (役員の選出)
第9条 役員は、総会において選出する。
2 会長、副会長、理事及び監事は、相互に兼ねることはできない。

 (役員の職務)
第10条 会長は、アメニティ会議を代表し、会務を総理する。
2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、その職務を代理する。
3 会長、副会長及び理事は、理事会を組織し、重要会務を審議する。
4 監事は、アメニティ会議の会計及び会務を監査する。

 (役員の任期)
第11条 役員の任期は、2年とする。ただし、補欠役員の任期は、前任者の残任期間と
 する。
2 役員は、再任を妨げない。

 (事務局)
第12条 アメニティ会議に会務を処理するため、会長の補助機関として事務局を置く。
2 事務局には、事務局長を置く。
3 事務局長は、理事会の承認を得て会長が任命する。

 (顧問)
第13条 アメニティ会議に、顧問を置くことができる。
2 顧問は、理事会の承認を得て、会長が委嘱する。
3 顧問は、重要会務について会長の諮問に応じる。
4 顧問の任期は、第11条に準ずる。  
 (会議)
第14条 アメニティ会議の会議は、総会及び理事会とし、総会は通常総会及び臨時総会とする。
2 通常総会は、毎年1回開催する。
3 臨時総会は、会長及び理事会においてその必要を認めたとき開催する。
4 理事会は、必要に応じ随時開催する。
5 会議は、すべて会長が召集し、会議の議長は会長がこれにあたる。

 (構成)
第15条 総会は、会員をもって構成する。
2 理事会は、会長、副会長及び理事をもって構成する。

 (総会)
第16条 総会は、次の各号に掲げる事項を議決する。
 (1) 事業計画、事業報告
 (2) 予算決算
 (3) 役員の選出
 (4) 規約の変更
 (5) その他アメニティ会議の運営に関する重要な事項
2 理事会は、次の各号に掲げる事項を議決する。
 (1) 総会の議決した事項の執行に関すること
 (2) 総会に付議すべき事項
 (3) 会長が必要と認めた重要な会務
 (4) その他本会運営に関する事項

 (議事の表決)
第17条 会議の議事は、出席会員の過半数をもって決する。ただし、可否同数の時は、
 議長の決するところによる。

 (会計)
第18条 アメニティ会議の経費は、会費、補助金、交付金、寄付金、事業収入及び
 その他の収入をもって充てる。

(会計年度)
第19条 アメニティ会議の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年の3月31日に
 終わる。

 (委任)
第20条 この規約に定めるもののほか、アメニティ会議の会務執行に関し、必要な事項は、
 会長が理事会の議決を経て別に定める。

   付 則   

この規約は、平成元年7月11日から施行する。
この規約は、平成4年7月23日から施行する。
この規約は、平成17年7月7日から施行する。
この規約は、平成23年7月15日から施行する。