居宅訓練事業

           

滋賀保護院では平成26年4月1日から「居宅訓練事業」を開始しました。 この事業では、利用者の自立に向けた訓練事業で、近隣のワンルームマンションを借りて、そこで居住していただき、金銭管理、服薬管理、食事、入浴、洗濯、掃除等の日常生活訓練や公共交通機関の利用、通院買物、対人関係等の社会生活訓練等を行い、自立支援に向けた支援を行います。 なお、平成27年度は2名の利用者に訓練をしていただいています。